ローラーがダントツに安い!

お話も音の感じも、読みきかせしていて癒される、素敵な1冊です。気に入って貰えればよいのですが。この絵本も喜んで読んでいます。

コチラです!

2017年03月15日 ランキング上位商品↑

ローラーのろまなローラー [ 小出正吾 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

他の車がパンクする様子がたまらないみたいで!毎日読んでとせがみます。それでも、言い返すわけでもなく、ひたすら自分の仕事をします。孫に定期的に本を送っています。話の内容は、文句も言わずにこつこつ働くタイヤローラーの姿が実に日本的。何だか!今は誰に認められなくても!いつか自分の頑張りを認めてくれる!分かってくれる!と信じて頑張ろう!という気になるような!絵本でした。自動車が好きなので、この絵本を選んでみました。クチコミが良くて、車大好きな息子に買って見たんですが、意外に気に入ってくれませんでした。絵は若干の古くささを感じます。海外に住んでいる姉に頼まれたので購入しました。文章もところどころ覚えて、本を読んでいないときにも言ったりしています。この「のろまなローラー」も、大好きなタイヤローラーが主人公なので、見た瞬間から読み聞かせ定番へと仲間入りしました。通り過ぎる車は!のろまだとバカにします。喜んでもらえると嬉しいです。盛り上がりには多少欠けますが、良い絵本だなと感じます。この本なんて、出版されてからもうすぐ50年となるというのに、それでも古さを感じないのはさすが。本好きの子供に育ってほしくて。大人からはとても良い本だと思います2歳の息子が1歳の頃からこの本が大好きで!朝から寝る時まで1日中ずっと肌身離さず持っていたためボロボロになり2冊目の購入となりました。何冊か購入して!届いて目をキラキラさせながら真っ先に手に取ったのがこの本!内容もとても気に入ったようです。2歳の車好きの息子の大のおきにいりです。初めは最近出た絵本かと思ってました。買って良かったです。しかし、通り過ぎた車がみんな、でこぼこ道でパンクをしてしまい、実はローラーの仕事のおかげで、すいすい走れるのだと分かり、ローラーに感謝するというお話です。私はいい本だな〜と思いました。乗り物好きな子にお勧めです。車好きの2歳の息子が保育園で一日中ながめているそうなので!とうとう購入に至りました。甥っ子たちにプレゼントすることにしました。図書館で,この本を借りたのですが,すごく気に入ったみたいなので,購入を決意しました。どうやら、車のタイヤがパンクする表現が悲しかったみたいです。とにかく重機が大好きな息子へ購入。どんな話か全く知らずに購入しましたが!2歳の娘はあまり乗り物に興味を示さないため!この絵本への食いつきはいまいちです。2歳の子供が消防車やパトカーなどの他に!ショベルカーなども好きです。「しょうぼうじどうしゃ じぷた」「ずかん・じどうしゃ」「ぶーぶーじどうしゃ」と!どれもお気に入りです。まだ商品は届いていませんが!喜ぶ顔が楽しみです(*^_^*)2歳5ヶ月の子供の反応は!普通でした。子供はすごく気に入っています。もうすぐ3歳になる、車が大好きな子供は山本忠敬さんの絵本がお気に入り。車の特徴をよく掴んだ絵が持ち味で、各絵本ごとに写実性の高さに程度はあれ、車体が実にうまく描かれています。。数回読みましたが!のろまでも地道に頑張れば良い事がある!頑張っていれば!いつか誰かが気付いて認めてくれる!というようなお話です。ゆ〜っくりと仕事をするローラー。